アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
行雲流水で、いっか。
ブログ紹介
フリーイラストライター妹尾みのりが、その時々で興味を持ったことについてつらつら考察してみている「なんちゃって学問」ブログです(^^;)
そんなにタメにはならないので、お暇な時に覗いていってください。
 
姉妹サイト『とりはく』運営中!

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
日本の年中行事を考える。6月編
日本の年中行事を考える。6月編 とかく働きすぎと揶揄される日本人だが、実はアメリカなどに比べて年間の祝日数は多いらしい。 ほぼ毎月1日ないし2日くらいの祝日がある。 そんな中、現在唯一祝日を持たないのが6月だ。 そこで一部では、6月10日の時の記念日を祝日にしよう!なんて動きもあるらしい。 非正規労働者にとっては由々しき事態だが(^^;)一般的には祝日が増えれば喜ばしいことこの上ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/01 18:50
博物館探訪-東京都井の頭自然文化園
博物館探訪-東京都井の頭自然文化園 「行楽の間に自然科学の知識普及の向上に寄与する」という目標を掲げて、1942年に開園した『東京都井の頭自然文化園』。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/30 13:08
とりはく! 展示評価の試み(?)
いつか自分の博物館を持ちたい!   ……なんて野心(絵空事?)を胸に秘めているワタクシ。 来たる(かどうかは判らない)べき日のために、ちまちまいろんなことを学んでおります(笑      そんなこともあって、結構前から博物館見学の際に『展示評価』という観点を意識するようにしています。 日本の博物館では、2008年の博物館法改正で、運営の改善を図る目的での博物館評価の実施が追加規定され、展示評価の必要性にも注目され始めたのだとか。 ただ、どちらかと言うと来館者数や収益の面のみで判断されがちで、利用者... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/24 14:33
日本の年中行事を考える。5月編
日本の年中行事を考える。5月編 5月の風は、薫るらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/01 12:17
日本の年中行事を考える。4月編
日本の年中行事を考える。4月編 春も盛りの4月。 現代の日本では新学期の始まる季節だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/02 16:31
日本の年中行事を考える。3月編
日本の年中行事を考える。3月編 日本の3月と言えば。 年度末であり、卒業式のシーズンでもある。 何かを終わらせ、新しい何かを始めるための準備期間。 暦の上ではすっかり春だけれど、時折冬が名残りを惜しんで舞い戻ってきたりもする、どこか曖昧として落ち着かない季節だ。 加えて、年間で具合の悪いひとが一番増えるのも3月なのだとか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/01 16:56
日本の年中行事を考える。2月編
日本の年中行事を考える。2月編 世間はすっかりバレンタインデー祭。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/01 12:56
尉殿大権現調査中間報告
数回に分けてレポートしてきた『尉殿大権現』。 結局その正体はいまだ掴めていませんが、中間報告として2014年に提出した論文を掲載しておきます。   『ジョウドノ神とはなにものか?』 (訳注あり) (注:この論文の著作権は筆者にあります。転載、引用などご希望の際はひとことご連絡ください。)   マジメな論文なので読んでもあまり面白くないかもしれませんが(^^;) 尉殿大権現については、一応これで一区切り。 調査自体は今後も継続していきたいと思っていますが、新たなご報告はしばらくで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/23 22:26
『とりはく』更新のお知らせ
博物館紹介サイト『とりはく』に新しいニュースを掲載しました! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/19 14:46
『とりはく』更新のお知らせ
IMPRESSIONに民音音楽博物館の見学レポートを追加しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/17 23:20
『とりはく』更新のお知らせ
博物館紹介サイト『とりはく』に新しいニュースを掲載しました! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/07 22:12
新年明けましておめでとうございます
新年明けましておめでとうございます 旧年中は大変お世話になりました。 ここ暫らくすっかり放置ぎみでしたが、今年はぼちぼち更新していきたいと思っております(^^;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/04 11:01
雑記-『縄文の女神』とのたわむれ
彼女の姿は、衝撃的だった。 スタイリッシュな造形、シンプルに洗練された紋様。 え? これ、土偶? と、思わず疑いたくなるほど、私がそれまで持っていた土偶のイメージと、彼女はかけ離れている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/11/03 10:23
尉殿大権現とはなにものか01-関連神社リスト(茨城県・その他)
私が調べられた限りにおいてのジョウドノ関連神社名と所在地などのリストです。 ただ資料から拾ったものがほとんどで、実際現地調査に訪れたものは少ないので、現状がどうなっているのかは不明です。中には古記録にあるだけで今は存在を確認できないものも少なくないようです。 また、地名として残っているもの(かつて呼ばれていたものを含む)も紹介しておきます。     <参考資料>   ・「茨城県神社誌」茨城県神社庁(1973年発行) ・「埼玉の神社」埼玉県神社庁(1986年発行) ・「ジュウドノ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/10 17:25
尉殿大権現とはなにものか01-関連神社リスト(東京都・埼玉県)
私が調べられた限りにおいてのジョウドノ関連神社名と所在地などのリストです。 ただ資料から拾ったものがほとんどで、実際現地調査に訪れたものは少ないので、現状がどうなっているのかは不明です。中には古記録にあるだけで今は存在を確認できないものも少なくないようです。 また、地名として残っているもの(かつて呼ばれていたものを含む)も紹介しておきます。     <参考資料>   ・「茨城県神社誌」茨城県神社庁(1973年発行) ・「埼玉の神社」埼玉県神社庁(1986年発行) ・「ジュウドノ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/03 16:00
尉殿大権現とはなにものか01-先達者
□大間知篤三氏 ジョウドノ、あるいはジュウドノと呼ばれる神社へ最初に着目されたのは、民俗研究家の大間知篤三氏だと言われています。 大間知氏が昭和9年(1934)におこなった茨城県高岡村の民俗調査報告書「常陸高岡村民俗誌」に記述があります。 それほど詳述されているわけではありませんが、「この神がいかなる性格のものであるかについては村の人々の考えがまちまちである。村の神職にして、その神の奉仕者である大塚氏は、十殿様は大黒様だと言い、またやはり大能に住むある老人は十殿様は武術優れた士だったと言っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/01 17:37
尉殿大権現とはなにものか03-神社01(02)
尉殿大権現とはなにものか03-神社01(02) 神社01 田無神社・尉殿神社(02) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/10/12 12:25
尉殿大権現とはなにものか03-神社02
尉殿大権現とはなにものか03-神社02 神社02 高木神社(東大和市高木2丁目)(01) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/11 21:32
尉殿大権現とはなにものか03-神社
尉殿大権現とはなにものか03-神社 神社01 田無神社・尉殿神社(01) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/17 00:23
尉殿大権現とはなにものか02-地域史
地域史01-保谷・田無の歴史(01) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/16 23:49

続きを見る

トップへ

月別リンク

行雲流水で、いっか。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる